新着情報

◆2014/07/11
ビジネスモデル特許という存在を知っていますか?の情報を更新しました。
◆2014/06/30
特許を取る予定の好評価のアイデアの情報を更新しました。
◆2014/06/30
特許の商品を調べるには特許庁の電子図書館への情報を更新しました。
◆2014/06/30
【特許の例】ビジネスモデル特許の成功事例と危険性の情報を更新しました。
◆2014/06/30
特許事務所の魅力とメリットを新規投稿しました。

ビジネスモデル特許という存在を知っていますか?

ビジネスモデルにも特許は存在します。初めて聞いた方は、そんなハズがないと思うのではないでしょうか。
osusume
確かに、ビジネスモデル自体には特許権というものは存在しません。なぜなら、審査基準の中に自然の法則を利用していないものに当てはまってしまうと落ちてしまうからです。

逆に言うと、自然の法則を利用しているものに当てはまっていたなら、ビジネスモデルも特許申請の手続きを受けられるものだということです。

ビジネスモデルも発明だと、特許庁に認められれば、開発に取り掛かることが出来ますし出来上がったシステムで利益を独占することが出来ます。

それはインターネットを利用した方法や装置での発明に対して与えられる権利だということが当てはまりますね。

インターネットは一例で取り上げましたが、他にも自然の法則を利用していれば、ビジネスモデルで発明は出来ます。

一例で言えば、逆オークション特許やマピオン特許の2つが、代表的なもので挙げられます。

以上の2つは、どちらもインターネットを利用したビジネスモデルを採用しています。

このような発明をすることで、便利でお客様にスムーズなサービスが届けられるのが素晴らしいです。

ビジネスモデル特許というものを説明しましたが、他にもたくさんの制度があります。

色々なものがあるので、利益を独占できるならとっておきたい特許です。

特許事務所という便利な代行サービス

エンジニア
弁理士が、特許庁に届け出をしてくれる特許事務所というものがあります。意匠や商標、実用新案など特許だけではないものも、経済産業大臣に手続きをおこなうための業務を処理してくれます。

有名なところでは、ファーイースト国際特許事務所というところがありますね。様々なテレビ番組で話題になっている、特許事務所です。

手続きの際は、申請やら金額など権利が取れるかどうか不安といった場合にも相談を受けてくれますし、スムーズに業務を遂行してくれるので、頼れる存在となっています。

一人で抱える問題になっていて、不安だという方は一度、特許の費用に関して相談してみるというのも、選択肢の1つといえるでしょう。

求人も多く、ブラック会社も多いとインターネット上では噂されていますが、実際の所は働いてみないと分かりませんし、評価の高い有名な事務所もたくさんあります。

百聞は一件に如かずという言葉もありますので、求人が出ていたら迷わず申し込んでみることです。

他にも特許業務法人というものがあります。
それ以外の会社は、類似の名称を用いらなくてはなりません。これは弁理士法で定められています。

特許を取るのに、便利で安心できるサービスを利用して、円滑に唯一の権利を取得したいですね。